ファイテン RAKUWAネックX100の偽物見分け方!本物との比較写真あり

てげてげメモ

プロフィール

管理人:シンゴロウ

▲管理人:シンゴロウ▲

日々楽しく暮らすために「稼ぐこと」と「時間を作ること」の調整に苦心するWEBプランナー。

現在、ネットショップ管理・コンサル等に加え、アフィリエイト&ドロップシッピングもビジネスとして考えて自営を展開ちう♪

もしもドロップシッピング・スーパークリスタル会員

フォローお願いします

ブログランキング参加ちう

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
▲このブログの順位は!?

スポンサードリンク

Sponsored Link

ファイテン RAKUWAネックX100の偽物見分け方!本物との比較写真あり

ヤフオク購入したRAKUWAネックX100リーシュモデルとファイテンショップで買った新品正規品を比較してみた。

ちなみにRAKUWAネックX100リーシュモデルは正規品が今までのように日本製ではなく中国製!
だからだろうか、かなり精巧なまがい物が現地で作られていると思われる・・・。

実際偽物だけを見ても、まず模造品とは分からないほどそっくりだ。
(もちろん肩こりなどへの効果はなく、単なるネックレスとしか機能しない)

けど以下を見れば、偽物と気付く可能性はぐっと上がるはず!
ぜひ参考にしてください!!


▼外箱(左:本物/右:偽物)

本物は和紙のような材質で、偽物は厚紙ってかんじ。


▼正面側拡大(下:本物/上:偽物)


本物は紙繊維の網目模様が見える


▼外箱裏側(左:本物/右:偽物)


表記一番上の「ファイテン RAKUWAネックX100 リーシュモデル」の「デ」の字の点々が重なって「テ」になっている。


▼缶タイプの内箱正面(左:本物/右:偽物)

光の加減ではなく、リアルに偽物の方が文字が薄い。


▼缶タイプの内箱側面(左:本物/右:偽物)

一目瞭然。まがい物の方は縦に長い。


▼缶タイプの内箱の中(左:本物/右:偽物)

偽物はクッション剤がとれる。あと、正露丸のような刺激臭もした。


▼RAKUWAネックX100本体プラグ部分・表裏(下:本物/上:偽物)


偽者は表裏対象ではない。と言うか、よく見ると造りが荒い。




とまあ、こんなとこかな。
あと、上より細かな部分までをまとめた表も作ってみたので、参考までに。

  本物 偽物
外箱 よく見ると縦横に細かい繊維の網目が見える。
銀文字、赤文字の部分にも網目あり
高級和紙のような素材。
繊維の網目なし。
銀文字、赤文字の部分にも網目なし
単なる厚紙のような素材。
  裏面が表面と比べて上下向き逆。
一番上の「RAKUWAネックX100 リーシュモデル」の「デ」の字の濁点が一体化して
「RAKUWAネックX100 リーシュモテル」となっている
バーコードは表面(右上に50cmシールがある面)から見て右側面 バーコードは表面(右上に50cmシールがある面)から見て下面
アルミ缶 phitenのマークが黒に近い色
縦幅3.6cm
phitenのマークが淡いシルバー
本物より縦幅がある(3.85cm)
アルミ缶の中 黒いクッション材はアルミ缶に接着固定されている
ぱっと見、ラメが入っているような感じ
匂いはきつめだが、不快感はない匂い
黒いクッション材はアルミ缶に固定されていない
ベタッとした黒。ラメが入ってるようにはまず見えない
正露丸のような刺激臭
本体 phitenのマークが白っぽいシルバー
紐部分が見える横長の切り抜き部分が表裏対象の形
phitenのマークが回りの色と区別が付きにくい色
紐部分が見える横長の切り抜き部分が明らかに表裏対象ではない
紐を固定した状態で、止め具が360度回る 紐を固定した状態で止め具(雄)は360度回るが、止め具(雌)はまったく回らない
止め具(雌)の穴の中が、ねじ巻き上に削れているのが微かに見えるような気がする 止め具(雌)の穴の中が、ねじ巻き上に削れているのが肉眼ですぐに見て取れる
紐部分をこねくり回すと、カチカチな感触 紐部分をこねくり回すと、微かにやわらかい

上記の比較は私が買ったRAKUWAネックX100リーシュモデル 50cmでの比較なので、別の工程で作られたニセモノが存在すれば、まったく当てはまらない可能性もあるので、ご注意を!

そして、最後にアドバイス!
購入するなら、ファイテンショップに出向くか、
以下のphiten正規販売WEBショップで!

【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト


アマゾンやヤフオク、公式以外の楽天市場店等など、個人出品や小店舗の場合、ニセモノを(売主も知らず知らずに)販売しているケースがあるようだ。
気をつけよう!!





応援ポチをお願いします→∪・ω・∪


Sponsored Link

最近の記事

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。